FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念のレース情報

宝塚記念(たからづかきねん)は、阪神競馬場の芝2200mで行われる。
中央競馬の重賞(GI)競走である。

宝塚記念の歴代レース優勝馬
回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師
第1回1960年6月26日ホマレーヒロ牡41:49.6近藤武夫武輔彦
第2回1961年7月2日シーザー牡42:04.6伊藤修司伊藤勝吉
第3回1962年7月1日コダマ牡52:03.4栗田勝武田文吾
第4回1963年6月30日リユウフオーレル牡42:02.1宮本悳橋本正晴
第5回1964年7月5日ヒカルポーラ牡52:03.3高橋成忠佐藤勇
第6回1965年6月27日シンザン牡42:06.3栗田勝武田文吾
第7回1966年6月26日エイトクラウン牝42:15.0内藤繁春田中康三
第8回1967年7月2日タイヨウ牡42:19.4内藤繁春武田文吾
第9回1968年5月26日ヒカルタカイ牡42:14.7野平祐二藤本冨良
第10回1969年6月1日ダテホーライ牡42:16.1宇田明彦星川泉士
第11回1970年5月31日スピードシンボリ牡72:13.3野平祐二野平省三
第12回1971年5月30日メジロムサシ牡42:17.3横山富雄大久保末吉
第13回1972年6月4日ショウフウミドリ牡62:19.9松本善登武田文吾
第14回1973年6月3日ハマノパレード牡42:12.7田島良保坂口正二
第15回1974年6月2日ハイセイコー牡42:12.9増沢末夫鈴木勝太郎
第16回1975年6月1日ナオキ牡62:16.7佐々木昭次田中康三
第17回1976年6月6日フジノパーシア牡52:17.5大崎昭一柴田寛
第18回1977年6月5日トウショウボーイ牡42:13.0武邦彦保田隆芳
第19回1978年6月4日エリモジョージ牡62:14.2福永洋一大久保正陽
第20回1979年6月3日サクラショウリ牡42:12.4小島太久保田彦之
第21回1980年6月1日テルテンリュウ牡42:31.9西浦勝一土門健司
第22回1981年6月7日カツアール牡52:14.1樋口弘柳田次男
第23回1982年6月6日モンテプリンス牡52:12.6吉永正人松山吉三郎
第24回1983年6月5日ハギノカムイオー牡42:12.1伊藤清章伊藤修司
第25回1984年6月3日カツラギエース牡42:12.4西浦勝一土門一美
第26回1985年6月2日スズカコバン牡52:15.9村本善之小林稔
第27回1986年6月1日パーシャンボーイ牡42:14.4柴田政人高松邦男
第28回1987年6月14日スズパレード牡62:12.3蛯沢誠治富田六郎
第29回1988年6月12日タマモクロス牡42:13.2南井克巳小原伊佐美
第30回1989年6月11日イナリワン牡52:14.0武豊鈴木清
第31回1990年6月10日オサイチジョージ牡42:14.0丸山勝秀土門一美
第32回1991年6月9日メジロライアン牡42:13.6横山典弘奥平真治
第33回1992年6月14日メジロパーマー牡52:18.6山田泰誠大久保正陽
第34回1993年6月13日メジロマックイーン牡62:17.7武豊池江泰郎
第35回1994年6月12日ビワハヤヒデ牡42:11.2岡部幸雄浜田光正
第36回1995年6月4日ダンツシアトル牡52:10.2村本善之山内研二
第37回1996年7月7日マヤノトップガン牡42:12.0田原成貴坂口正大
第38回1997年7月6日マーベラスサンデー牡52:11.9武豊大沢真
第39回1998年7月12日サイレンススズカ牡42:11.9南井克巳橋田満
第40回1999年7月11日グラスワンダー牡42:12.1的場均尾形充弘
第41回2000年6月25日テイエムオペラオー牡42:13.8和田竜二岩元市三
第42回2001年6月24日メイショウドトウ牡52:11.7安田康彦安田伊佐夫
第43回2002年6月23日ダンツフレーム牡42:12.9藤田伸二山内研二
第44回2003年6月29日ヒシミラクル牡42:12.0角田晃一佐山優
第45回2004年6月27日タップダンスシチー牡72:11.1佐藤哲三佐々木晶三
第46回2005年6月26日スイープトウショウ牝42:11.5池添謙一鶴留明雄
第47回2006年6月25日ディープインパクト牡42:13.0武豊池江泰郎
第48回2007年6月24日アドマイヤムーン牡42:12.4岩田康誠松田博資
第49回2008年6月29日エイシンデピュティ牡62:15.3内田博幸野元昭
第50回2009年6月28日ドリームジャーニー牡52:11.3池添謙一池江泰寿
第51回2010年6月27日ナカヤマフェスタ牡42:13.0 柴田善臣二ノ宮敬宇
        




宝塚記念のRSS関連リンク
宝塚記念ほか今日の勝負レース
人気blogランキングアップの応援(クリック)お願いします ■阪神10R:宝塚記念(自信度B) 前回までの考察に書いた理由から、?メイショウサムソンと?ロックドゥカンブ の一騎打ちとみて勝負します。 3連単 2,8→2,8→4,5,9,10,11,12=1000円×12点 2 ...

第49回宝塚記念(GI) 予想
今年の宝塚記念の予想という側面からこの馬について考えるのはゴール前の競っての強さをどこまで取り戻せるかの一点で、これについては走ってみないとわからない。半信半疑。 エイシンデピュティは追われると跳びが小さいピッチ走法になる。 ...

宝塚記念 メイショウサムソン勝って凱旋門賞へ!
サムソン万全、強気に押し切る/宝塚記念記事を印刷する 本来の姿を取り戻し、宝塚記念制覇を目指すメイショウサムソン メイショウサムソンは負けない。この馬本来の姿、強気の競馬で押し切る。ほかの馬から多少目標になってもしのげる。 ...

第49回宝塚記念 予想
第49回宝塚記念予想. どーも考えているうちに訳分からなくなりそーで。とりあえず阪神馬場は道悪のようですので、インティライミを選択馬群に混ぜてみます。代りにカンパニーを落としたのですが、これが吉とでるか凶と出るか。(または何の影響もないか ...

06/29(日) bet 宝塚記念、あなたの夢は?
阪神10R 宝塚記念(G1) なかなかの好メンバーが揃いましたが、雨の影響もありどの馬も一長一短で軸を決めるのが難しいレースだと思います。 まずはメイショウサムソン。 武豊Jも言ってますし、過去の成績からもこの馬は冬の寒さが苦手な完全なる夏馬 ...

宝塚記念予想。
春のグランプリ、宝塚記念。 ファンの夢を乗せて、仁川の夏の主役に躍り出るのはどの馬か。 ◎はエイシンデピュティ。 距離適正に不安が囁かれるが、得意の阪神コースでは守備範囲。 岩田から内田博への乗り替わりであるが、両方とも追える騎手。 ...

宝塚記念無料買い目予想
第49回宝塚記念(G1) JAC投資法枠連 3-7 3-5 6-7 5-6 劇ロジ競馬狙い馬 11-2.4.8.7 ◎過去の成績 2008年桜花賞 JAC的中◎ 皐月賞 JAC的中◎ 天皇賞(春)JAC不的中× NHKマイル JAC不的中× ヴィクトリア JAC的中◎ 劇ロジ競馬的中◎ ...

宝塚記念・最終予想
日が暮れて、夜景きらめTOKYOーBEY、レインボーブリッヂ、東京タワー、 都心のビルの夜景をバックに最後は花火で締めくくり・・ ~勿論この花火は私の中では宝塚記念前夜を祝う願かけ花火 「明日は春競馬1番の不良馬場が予想される宝塚記念です。 ...

G?レース予想 ? 第49回 宝塚記念
阪神競馬場は朝から重馬場発表で早くも波乱ムードが漂っているが、過去10年の宝塚記念で[2 2 1 2]と相性が良い金鯱賞の勝ち馬エイシンデピュティを軸に抜擢。初距離の2200mと58Kgの斤量を克服できるかがカギとなりそうだが、今のこの馬の ...

宝塚記念!サムソンが勝つと思っている人には残念な報告です。。。
宝塚記念!! ワクワクですな~. ちょーちん塾では昨年的中している相性の良いレースです。 どくさそり予想に関しては2年連続◎的中しています! まあ、一昨年はディープインパクトという反則に近い馬がいたので自慢にもなりませんが、、、 ...



宝塚記念のレース概要

年末の大一番だった関西地区(阪神競馬場)の阪神大賞典は、その成功を受けて当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧により1956年に関東地区(中山競馬場)に創設され定着した有馬記念にその役目を譲った。また春季もクラシック競走やそのトライアルレースが続く関東地区に比べて関西地区の大レースは桜花賞と天皇賞しか無く盛り上がりに欠けていた。そこで「春に有馬記念に匹敵する大競走を開催したい」との関西地区の意向もあり、有馬記念同様にファン投票によって出走馬を決めることを前提に4歳(現3歳)以上の混合の定量の重賞競走・宝塚記念として1960年に創設された。

第1回は阪神競馬場の芝1800mで施行され、翌1961年と1967年に200mずつ延長され現在の芝2200mでの施行となっている。創設に伴い宝塚杯(旧阪神記念)は、競走名を阪急杯に変更されている。宝塚記念は創設以来、改修や地震災害などの理由から京都競馬場などで代替開催になったことが多く、JRAGI(グレード制導入以前も含む)の中では最も代替開催の回数が多い。

近年では競馬の国際化の流れに乗り、フランスの凱旋門賞(G1)などの海外の大きな国際レースへの遠征・出走を見据えて登録を済ませた一流馬が、試金石としてこの競走に挑む例が増え、注目を集めている。春季の4歳上の馬にとって、香港のクイーンエリザベス2世カップ(G1)などへ出走する馬も増えてきているが、国内では出走可能な唯一の中距離のGIレースとなっている。かつては勝ち抜け制度であった天皇賞の勝ち馬や、天皇賞及びクラシック競走に出走権が無かった外国産馬やせん馬にとって特に大きな目標となっていた。

JRAの専用ファンファーレ一般公募によって最優秀賞に選出された早川太海の作曲したファンファーレが使用されている。現在の優勝レイの配色は紺色地に金色文字となっている。



上半期のGI戦線を締めくくる中長距離競走でその年を締めくくる有馬記念を「グランプリ」と呼ぶことになぞらえ、宝塚記念は「春のグランプリ」、または「夏のグランプリ(サマーグランプリ)」と呼ばれる。

しかし、2006年まで(最終的な)出馬投票対象頭数が出走可能頭数(フルゲート・18頭)に達することは無かった。2007年になって初めてフルゲートと同じ18頭でレースが行われたが、このとき出馬投票の対象となった馬はフルゲートと丁度同じ18頭であった。よってこのレースに出馬投票しながら、ファン投票数や賞金額の不足により除外(優先順位下位のため出走できない)の憂き目に遭った馬はまだない。

フルゲートになりにくい理由としては、有馬記念と比較して賞金は低く抑えられている一方で、施行日の近くに、安田記念(GI)やサマー2000シリーズなど[7]、他に出走選択肢が豊富であることが挙げられる。また馬は暑さに弱い動物であるので、高温多湿期には休養することが好ましいとする見方もあり、施行距離が大きく異なる天皇賞(春)(GI)、レース間隔が狭くなる安田記念(GI)や東京優駿(JpnI)(日本ダービー)などに出走した有力馬が、秋のGIシリーズを見据えて無理をせず回避をすることに対してもある程度期待がされているという事情もある。

海外からの競走馬の出走についても、2001年に国際G1競走に格付けされて以降も1頭も無く、それより過去に遡って1997年に招待馬として出走したオーストラリアのセトステイヤー(馬主は日本人)ただ1頭だけである。 この時期は、ヨーロッパや北米ではイギリスのロイヤルアスコットレースミーティングやクラシック戦線の最中であったり、国によっては宝塚記念と同様のG1競走が開催されているため、遠征・参戦が難しい時期である(香港やオセアニアでは休養時期に当たる)。

そういった出馬状況の問題に加えて、非基幹距離の小回りコースであること、戦後復興期のJRAの番組体系が関東地区の競馬場を中心に編成されてきたこともあって、伝統的に八大競走よりも劣る、安田記念とほぼ同格のレースとして扱われてきたために、同じく非基幹距離の小回りコースで施行される有馬記念のような高額賞金や特別報奨金は導入されていない。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬 - ジャンル : ギャンブル

マーメイドステークスのレース情報

マーメイドステークス(Mermaid Stakes)は、阪神競馬場の芝2000mで行われる。
中央競馬の重賞競走(G3)である。

歴代優勝馬
回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師
第1回1996年6月23日シャイニンレーサー牝52:00.6河内洋高橋隆
第2回1997年6月22日エアグルーヴ牝42:02.6武豊伊藤雄二
第3回1998年6月28日ランフォザドリーム牝42:00.0河内洋田中耕太郎
第4回1999年6月27日エリモエクセル牝42:03.6的場均加藤敬二
第5回2000年7月9日フサイチエアデール牝41:58.9安藤勝己松田国英
第6回2001年7月8日タイキポーラ牝51:59.2安藤勝己松元茂樹
第7回2002年7月7日ヤマカツスズラン牝51:59.1池添謙一池添兼雄
第8回2003年7月13日ローズバド牝52:03.7横山典弘橋口弘次郎
第9回2004年7月11日アドマイヤグルーヴ牝42:00.0武豊橋田満
第10回2005年7月10日ダイワエルシエーロ牝42:00.5福永祐一松田国英
第11回2006年6月18日ソリッドプラチナム牝32:01.1安部幸夫田中章博
第12回 2007年6月17日 ディアチャンス 牝6 1:58.4 武豊 清水出美
第13回 2008年6月22日 トーホウシャイン 牝5 2:03.5 高野容輔 崎山博樹
第14回 2009年6月21日 コスモプラチナ 牝6 2:00.2 和田竜二 宮徹
第15回 2010年6月20日 ブライティアパルス 牝5 1:59.5 藤岡康太 平田修




マーメイドステークスRSS関連リンク
2008/06/22 レース予想
阪神10R 第13回マーメイドステークス(G3). マーメイドステークスの傾向と予想はこちら→第13回マーメイドステークス(G3). 阪神 8R?12R単複. 8R, 8 エーシンビーエル, 単複, ×. 9R, 7 マルブツセンター, 単複, △. 10R, 11 ザレマ, 単複, △ ...

マーメイドステークス
函館競馬が始まったばかりですが、安藤騎手はいきなりなんと6勝の固め勝ち。すごかったです。日曜日はこの絶好調アンカツをどうみるか? その函館は11R、HTB杯。A馬は?アドマイヤスペース、B馬は?リメインオブザサンでC馬が?マイネルダイナモ。 ...

マーメイドステークス
第13回 マーメイドステークス 6番ブリトマルティスを狙います、武豊騎手人気も乗って思ったより人気にな すぎていますが、本格化した今なら中心に押せます。 牝馬は格より調子で買えと言う格言がありますし。 馬連6?2,5,11,12 ...

グラマライズ・メール講座001いざというとき自分にOKが出せる!自己 ...
6/22(日)マーメイドステークス、福島テレビオープン予想!! 血統のデジタル化と仕事で時間がなかなか取れませんが、 競馬はしっかりやってます(笑。。。 ちなみに函館11R TVh杯はビービーガルダン とブライティアミラ の1点馬連ワイド的中。 ...

第13回マーメイドステークス(GIII)
◎ 11 ザレマ 近走の成績から一応本命に○ 04 ソリッドプラチナム 一度叩いた効果期待も過信は禁物▲ 05 ベッラレイア 底力はNO.1、どこまで復調しているか△ 03 サンレイジャスパー 久々&鞍上がいかにもだが、あっさりもある× 02 ピースオブラヴ ...

第13回マメーイドステークスの予想
皆さんこんばんは、本日は阪神競馬場で行われるマーメイドステークスの予想です。 なお、いまひとつ読みきれていませんので予想印と買い目が一致しない部分がありますが、ご了承ください。 今週のレーシングプログラムより ...

マーメイドステークス
カミナリギャラクシー大怪獣バトル(笑) 行こう 希望 胸に抱いて闇を照らす 光になれ愛が 銀河を征する日まで行こう 永遠の旅へ.

マーメイドステークス
明日の阪神・マーメイドステークス(G?)を神野理論に基づいて予想する。 ◎11番 ザレマ(和田) ○7番 ホウショウループ(上村) ▲3番 サンレイジャスパー(難波) ☆5番 ベッラレイア(秋山) △9番 ウインシンシア(浜中) ...

第13回マーメイドステークス(GIII)
2008年6月22日(日)阪神10R 第13回マーメイドステークス(GIII) JRA 競馬予想! 情報詳細は出馬表をご覧下さい JRA 競馬 予想ランク◎04ソリッドプラチナム〇05ベッラレイア▲11ザレマ☆10トウカイルナ△06ブリトマルティス△03サンレイジャスパー△07 ...

第13回マーメイドステークス(GⅢ)予想。
今週は 第13回マーメイドステークス・・・その名の通り牝馬限定戦ですが ではちょっと足りないメンバーの争いとなりました 格から言えば オークス2着、 秋華賞4着、 ローズステークス2着のある ベッラレイア が最上位・・・秋に を狙うにはここは ...



マーメイドステークスのレース概要

本競走は1996年の牝馬限定の重賞路線の整備の一環として、4歳(現3歳)以上牝馬限定の混合の別定の重賞(GIII)競走、マーメイドステークスとして新設。第1回は現在と同じく阪神競馬場の芝2000mで施行された。

2002年からは特別指定競走に指定、JRAの認定競走で1着に入賞した地方所属の競走馬が出走になり、2005年からは国際競走に指定、海外の競走馬が出走可能になった。

2006年からは負担重量をハンデキャップに変更、また同年は阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝2000mで施行された。

創設当初から3歳(現4歳)以上の牝馬限定競走だが、3歳(現4歳)馬が出走する事は、極めて少なくGI級戦線で健闘する古馬の牝馬が多く参戦する。ハンデキャップ競走となってからは福島牝馬ステークスやヴィクトリアマイルで成績を残せなかった出走馬が参戦する傾向がある。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の牝馬の競走馬(外国産馬含む)及びJRAに認定された地方所属の競走馬。

負担重量は、ハンデキャップ。

総額賞金は7,460万円で、1着賞金3,900万円、2着賞金1,600万円、3着賞金980万円、4着賞金590万円、5着賞金390万円と定められている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

テーマ : 中央競馬 - ジャンル : ギャンブル

CBC賞のレース情報

CBC賞(しーびーしーしょう)は、中京競馬場の芝1200mで行われる。
中央競馬の重賞競走(GIII)である。


CBC賞の歴代レース優勝馬
回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師
第1回1965年12月5日シヨウゲツ牝51:54.5稲部和久田中朋次郎
第2回1966年12月4日ミスニホンピロー牝41:55.3鹿戸幸治小川佐助
第3回1967年12月3日ミドリオー牡51:53.2内藤繁春武田文吾
第4回1968年12月1日ミドリエース牝41:52.7野村彰彦長浜彦三郎
第5回1969年7月20日アトラス牡51:52.5武邦彦小野留嘉
第6回1970年12月6日オウジャ牡31:50.2古賀正俊古賀嘉蔵
第7回1971年12月5日エリモシルバー牡41:22.8新田幸春大久保亀治
第8回1972年12月17日スガノホマレ牡31:22.5佐々木昭次秋山史郎
第9回1973年12月16日レイクファイア牡31:22.3押田年郎坂口正二
第10回1974年12月8日ケイスパーコ牝41:23.1池江泰郎浅見国一
第11回1975年12月7日オーラミハル牡31:24.7柴田政見山本正司
第12回1976年12月12日シルバーランド牡61:21.8高橋成忠佐藤勇
第13回1977年12月11日リキタイコー牡31:21.8飯田明弘服部正利
第14回1978年12月10日リキタイコー牡41:22.9武邦彦服部正利
第15回1979年12月9日ヤマニンダンディー牡31:23.6田原成貴浅見国一
第16回1980年12月14日マリージョーイ牡31:22.3村本善之古賀嘉蔵
第17回1981年12月13日アグネスベンチャー牡41:08.6久保敏文大久保道雄
第18回1982年12月9日ハッピープログレス牡41:09.8武邦彦山本正司
第19回1983年12月18日ニホンピロウイナー牡31:09.8丸山勝秀服部正利
第20回1984年12月16日ハッピープログレス牡61:09.1武邦彦山本正司
第21回1985年12月15日ニシノイブ牝51:10.4今井規和服部正利
第22回1986年12月16日リードトリプル牡31:09.5田島信行山本正司
第23回1987年12月20日セントシーザー牡51:09.3田島良保田所秀雄
第24回1988年12月18日トーアファルコン牡71:09.0原田聖二服部正利
第25回1989年12月17日ミスティックスター牡61:09.1山田和広坪正直
第26回1990年6月24日パッシングショット牝51:08.3楠孝志橋田満
第27回1991年6月23日フェイムオブラス牝41:10.8安田隆行田中良平
第28回1992年6月28日ユウキトップラン牡41:08.6小島貞博佐山優
第29回1993年6月27日トシグリーン牡61:07.9西浦勝一柳田次男
第30回1994年6月26日ニホンピロプリンス牡51:07.9武豊目野哲也
第31回1995年6月25日トーワウィナー牡51:08.6河内洋佐山優
第32回1996年11月23日エイシンワシントン牡51:07.3熊沢重文内藤繁春
第33回1997年11月22日スギノハヤカゼ牡41:07.9田島裕和鹿戸幸治
第34回1998年11月28日マサラッキ牡51:09.6藤田伸二増本豊
第35回1999年11月27日アグネスワールド牡41:07.5武豊森秀行
第36回2000年12月16日トロットスター牡41:07.9蛯名正義中野栄治
第37回2001年12月15日リキアイタイカン牡31:09.1山田泰誠松田正弘
第38回2002年12月15日サニングデール牡31:08.4池添謙一瀬戸口勉
第39回2003年12月21日シーイズトウショウ牝31:08.5安藤光彰鶴留明雄
第40回2004年12月19日プレシャスカフェ牡51:08.2蛯名正義小島太
第41回2005年12月24日シンボリグラン牡31:08.7D.ボニヤ畠山吉宏
第42回2006年6月11日シーイズトウショウ牝61:09.0池添謙一鶴留明雄
第43回2007年6月10日ブラックバースピン牡41:09.1四位洋文手塚貴久




CBC賞のRSS関連リンク
エプソンC&CBC賞予想
(〃 ´ ▽ ` )ノ”▽ ちわぁ♪. 特別な週末杯争奪POG大会パートⅡを開催します!! 参加希望の方は、こちら. さって、今週もはりきって予想しますか!!! とくに、こだわりのない競馬予想(^O^). もう、あんまりいっぱい馬あげても、あまり大量の資金を ...

エプソムC/CBC賞 予想
テンイムホウ 【CBC賞】 8、7、11、12番人気で4勝、芝短距離での意外性ならこのメンバーで屈指。こちらも一週前、当週と追い切りは絶好で、久々にスプリント戦参戦のここは一発警戒。 ◎ テンイムホウ 複勝20,000円 … ...

エプソムC<CBC賞
せめて、人間同士、争うことはやめましょうよ。 こんな時に競馬・・とも思うのですが・・主催者側が通常通りに行いますので、私もいつものように予想を発表したいと思います。 今日は重賞2本で勝負。 どちらかと言えばCBC賞のほうが自信があるかな・・・ ...

エプソムカップ(GⅢ)CBC賞(GⅢ)予想
相手は母の父トニービンの〇ヒカルオオゾラと▲ブライトトゥモロー 抑えは内枠の△イクスキューズと△マイネルキッツ、ノリ鞍上の△サンライズマックス、もう1頭の母の父トニービン△ショウワモダンにしました CBC賞(GⅢ) ◎ トウショウカレッジ ...

第44回CBC賞・GⅢ
中京11レース第44回CBC賞・GⅢ ⑮テイエムアクション馬連⑮ー②④⑤⑦⑩⑪⑫⑬⑭⑯⑰ 3連複⑤⑮ー②④⑦⑩⑪⑫⑬⑭⑯⑰ 東京11レース第25回エプソムC・GⅢ ⑦ヒカルオオゾラ⑫サンライズマックス2頭軸流し②③④⑥⑧⑨⑪⑯⑰⑱.

CBC賞の爆穴馬を発表です!
ランキングの順位の関係で昨日アップしたはずのCBC賞の爆穴馬が見れない状態になってました。すいませんでした。 なので、改めてCBC賞の◎を下記ランキング内で発表しますので、ご確認ください。 なお、お昼頃までの時間限定公開とさせていただこうと思い ...

CBC賞で万馬券!狙います
しかし!春のグランプリ宝塚記念へ向けて資金を作っておきたいですね♪ 今日の中京で行われCBC賞ですが、荒れるニオイがぷんぷんしますね(-.-;) なので大穴から馬連、馬単総流しします☆ 中京11R CBC賞◎テンイムホウ◎エムエスワールド ...

CBC賞(G3)桜花の馬券!
過去3回に分けて、特集してきたCBC賞攻略。 今回はその3回で浮き上がったポイントを整理しました。 ※検証データや詳しい内容は、CBC賞関連の過去記事でご覧ください <レース傾向> ・同一馬が何度も馬券になっている・5年中4年は2ケタ人気の馬が馬券に ...

CBC賞vsチャク
その最終週には、東京競馬場でエプソムカップ、中京競馬場ではCBC賞が開催されます。共に混戦模様、特にCBC賞は酷い(笑)OP特別並なメンバー構成です。昔は初夏の訪れを告げる中京伝統の電撃6ハロンGⅡでした。しかし高松宮記念設立後、冬場に ...

CBC賞 GⅢ 予想
CBC賞は 5番スピニングノアールから 17番ナカヤマパラダイス 10番カヤノザクラ 4番ニシノプライド. 12番トウショウカレッジ. 馬連 5-17 5-10 4-5 5-12 10-17. 三連単 5-17-10 17-5-10 10-17-5.



CBC賞のレース概要

本競走は1965年12月に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの混合の重賞競走、CBC賞として創設、第1回から第5回までは中京競馬場の砂1800m(現在のダートとはやや異なる)で施行された。しかし翌年には負担重量を別定に変更された。

1969年は中京競馬場の芝コース設置工事より7月に施行、1970年からは中京競馬場の芝コース完成に伴い、施行距離を芝1800mに変更、更に1971年からは施行距離を芝1400mに変更され、それ以後は年末の中京開催唯一の短距離重賞として定着した。

1981年から重賞の短距離路線の整備の一環に伴い、施行距離を芝1200mに変更、1984年からはグレード制施行に伴いGIIIに格付けされ、スワンステークスと並ぶ短距離GI競走の登竜門として位置付けられていた。

1990年からは12月から6月に開催時期を変更すると共にGIIに格上げ、中京競馬場の夏の短距離として変貌する事になり、1993年は中京競馬場の改修工事により京都競馬場の芝1200mで施行された。

1996年からは中央競馬における高松宮記念を中心とした重量短距離路線の整備の一環に伴い、施行時期を11月末に変更、スプリンターズステークスの前哨戦に位置付けられ、1999年は小倉競馬場の改修工事による振替開催により小倉競馬場の芝1200mで施行、2000年からは再び12月に施行時期を変更し、同年から10月に施行時期を移したスプリンターズステークスの代わりに中央競馬の短距離路線を締め括りと同条件で施行する翌年の高松宮記念を占う重要な重賞競走して位置付けられた。

2004年からは混合競走から国際競走に変更、2005年は降雪により6日間の順延開催、2006年からは短距離路線の再整備に伴い同時期に阪神カップが新設された為、施行時期を再び6月に、更にGIIIに格下げ、負担重量をハンデキャップに変更、サマースプリントシリーズに繋がる競走になった。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬含む)及び外国競走馬。

負担重量は、ハンデキャップ。

総額賞金は8,180万円で、1着賞金4,300万円、2着賞金1,700万円、3着賞金1,100万円、4着賞金650万円、5着賞金430万円と定められている。

現在の優勝レイは青色地に金文字で、「CBC」の部分は中部日本放送社のロゴがそのまま使用されている。

テレビ中継は日曜開催の場合は東海テレビが行うため、「東海テレビがお送りするCBC賞」というフレーズを実況の吉村功が好んで使っていた。このフレーズは、シーイズトウショウが優勝した2003年にも用いられた(但し、発したのは吉村ではなく、森脇淳)。

2006年・2007年は通常、中波ラジオ中継を行っているCBCにて中継されなかった(競馬中継がプロ野球中継に差し替えられた為)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

安田記念のレース情報

安田記念(やすだきねん)は、東京競馬場の芝1600mで行われる。
中央競馬の重賞競走(GI)である。


安田記念の歴代優勝馬
回数施行日調教国・優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師
第1回1951年7月1日イツセイ牡31:38 0/5保田隆芳尾形藤吉
第2回1952年7月6日スウヰイスー牝31:39 0/5保田隆芳松山吉三郎
第3回1953年6月14日スウヰイスー牝41:38 1/5保田隆芳尾形藤吉
第4回1954年6月6日フソウ牡51:41 2/5高橋英夫鈴木信太郎
第5回6月12日クリチカラ牡51:38 4/5森安弘明尾形藤吉
第6回1956年6月10日ヨシフサ牡41:38 2/5渡辺正人中村広
第7回1957年6月9日ヘキラク牡41:38 4/5蛯名武五郎藤本冨良
第8回1958年6月1日ラプソデー牡41:37 2/5坂本栄三郎小西喜蔵
第9回1959年6月7日ヒシマサル牡41:37 3/5小野定夫矢野幸夫
第10回1960年6月5日オンワードベル牡41:50.2高橋英夫二本柳俊夫
第11回1961年6月11日ホマレボシ牡51:49.7八木沢勝美稗田敏男
第12回1962年6月10日トウコン牡41:38.3山岡矢野幸夫
第13回1963年6月2日ヤマノオー牡41:36.6森安弘明内藤潔
第14回1964年6月7日シモフサホマレ牡51:37.2油木宣夫矢野幸夫
第15回1965年6月6日パナソニツク牝51:37.6嶋田功稲葉幸夫
第16回1966年6月5日ヒシマサヒデ牡41:39.5小野定夫稗田敏男
第17回1967年5月21日ブツシヤン牡51:36.3大和田稔二本柳俊夫
第18回1968年6月30日シエスキイ牡51:36.7郷原洋行大久保房松
第19回1969年6月1日ハードウエイ牝41:35.9加賀武見柄崎義信
第20回1970年5月31日メジロアサマ牡41:35.9矢野一博保田隆芳
第21回1971年6月20日ハーバーゲイム牝41:36.8野平祐二野平省三
第22回1972年7月23日ラファール牝41:38.4中島啓之奥平真治
第23回1973年6月10日ハクホオショウ牡41:35.7伊藤正徳尾形藤吉
第24回1974年6月9日キョウエイグリーン牝51:35.7東信二境勝太郎
第25回1975年6月8日サクライワイ牝41:36.6小島太高木良三
第26回1976年6月13日ニシキエース牡51:36.6森安重勝森安弘昭
第27回1977年6月12日スカッシュソロン牝41:35.1横田吉光古賀嘉蔵
第28回1978年6月11日ニッポーキング牡51:35.1郷原洋行久保田金造
第29回1979年6月10日ロイヤルシンザン牡41:35.7的場均大久保房松
第30回1980年6月8日ブルーアレツ牡51:36.0嶋田功見上恒芳
第31回1981年6月7日タケデン牡61:36.7増沢末夫元石孝昭
第32回1982年6月13日スイートネイティヴ牝51:35.0岡部幸雄野平祐二
第33回1983年6月12日キヨヒダカ牡51:35.8増沢末夫森安弘昭
第34回1984年5月13日ハッピープログレス牡61:37.8田原成貴山本正司
第35回1985年5月12日ニホンピロウイナー牡51:35.1河内洋服部正利
第36回1986年5月11日ギャロップダイナ牡61:35.5柴崎勇矢野進
第37回1987年5月17日フレッシュボイス牡41:35.7柴田政人境直行
第38回1988年5月15日ニッポーテイオー牡51:34.2郷原洋行久保田金造
第39回1989年5月14日バンブーメモリー牡41:34.3岡部幸雄武邦彦
第40回1990年5月13日オグリキャップ牡51:32.4武豊瀬戸口勉
第41回1991年5月12日ダイイチルビー牝41:33.8河内洋伊藤雄二
第42回1992年5月17日ヤマニンゼファー牡41:33.8田中勝春栗田博憲
第43回1993年5月16日ヤマニンゼファー牡51:33.5柴田善臣栗田博憲
第44回1994年5月15日ノースフライト牝41:33.2角田晃一加藤敬二
第45回1995年5月14日ハートレイク牡41:33.2武豊S.スルール
第46回1996年6月9日トロットサンダー牡71:33.1横山典弘相川勝敏
第47回1997年6月8日タイキブリザード牡61:33.8岡部幸雄藤沢和雄
第48回1998年6月14日タイキシャトル牡41:37.5岡部幸雄藤沢和雄
第49回1999年6月13日エアジハード牡41:33.3蛯名正義伊藤正徳
第50回2000年6月4日フェアリーキングプローン?51:33.9R.フラッドI.アラン
第51回2001年6月3日ブラックホーク牡71:33.0横山典弘国枝栄
第52回2002年6月2日アドマイヤコジーン牡61:33.3後藤浩輝橋田満
第53回2003年6月8日アグネスデジタル牡61:32.1四位洋文白井寿昭
第54回2004年6月6日ツルマルボーイ牡61:32.6安藤勝己橋口弘次郎
第55回2005年6月5日アサクサデンエン牡61:32.3藤田伸二河野通文
第56回2006年6月4日ブリッシュラック?71:32.6B.プレブルA.クルーズ
第57回2007年6月3日ダイワメジャー牡61:32.3安藤勝己上原博之






安田記念のRSS関連リンク
メイン(重賞)予想!! 安田記念
本日のメイン(重賞)予想は 第58回 安田記念です。 現役最強マイラーと評判の香港のエースのグッドババを筆頭に、香港のマイルのエース級馬が参戦でより難解なレースとなっております。 対する日本勢もマイルでは最強布陣に近いメンバーで迎え撃つ形で ...

安田記念vsチャク
5週連続GⅠの最終戦・安田記念が開催されます。予想通り混戦模様(笑)スーパーホーネット・ウオッカ・グッドババ・スズカフェニックスが単勝四天王です(笑)しかし先日も買いましたが、四天王スーパーホーネット・グッドババ・スズカフェニックスは、 ...

安田記念の結論&オススメレース2鞍!
皆様の応援クリックと関係者の皆様からいただく厚いご支援の元に、混迷を極める「安田記念(GI)」の絞込みが完了しました! ではさっそく、今朝も知人関係者の皆様から教えて頂いた情報とMY理論で導き出した安田記念、湘南S、飛騨Sの最終結論に参りましょう ...

安田記念&飛騨S
東京11R 安田記念 10・16・4・6 高配狙い 中京12R 飛騨S 17・8・18・13 好配狙い.

競馬でお金倍増計画 (安田記念の予想)
ブログランキング・にほんブログ村へ バナー ←頑張ります。 第58回安田記念(GI). 予想をしてみようと思います。 香港馬3頭の力量がどれほどのものか?ノーマークにはできないですね。 続きを読む.

安田記念
安田記念】ウオッカ.

では、安田記念の予想です。
もし「ウオッカ」が、この試練を乗り越え、安田記念を勝つことにでもなれば、手のひらを返したように心から喜びたいと思います。以上です。 (世界一の競馬ブログ) にほんブログ村 競馬ブログへ ←ランキングへのクリック励みになります。 ...

第58回安田記念 結論
昨年の安田記念では先着したスズカフェニックやグッドババとは時計差のない8着。前走の京王杯SCは10キロの体重増でしたが、上がり3ハロン33秒2の脚を使っての2着であり、復調気配がうかがえ楽しみです。

第58回安田記念
当該ゲートを引き当てたからと言っても、必ずしも「連対テッパン」ではないことは、昨年の安田記念で4ゲートを引き当てながら、7着に終わったグッドババが証明している。しかし、そのグッドババは、今年は7ゲートを引き当てた。「今度こそ」という狙い ...

荒法師なりの危険な人気馬~安田記念
ということはこの安田記念が行われる6月. はシーズン末期。前走快勝後も安田記念、BCを回避すると発表していたの. に急遽安田記念に参戦。余力があるか オーナーが金に目がくらんだか. レースを何度か見たが後方からのレースで最後は外から追い込んで ...



安田記念のレース概要

1951年、競馬法の制定や東京優駿大競走(日本ダービー)の創設など日本競馬の発展に尽力した日本中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績を称え4歳(現3歳)以上の混合のハンデキャップの重賞競走安田賞として創設、第1回は東京競馬場の芝1600mで施行された。

1958年、安田伊左衛門が5月18日に死去したため名称を現在の「安田記念」に変更、1960年からは施行距離を芝1800mに変更したが1962年には芝1600mに戻した。1967年は東京競馬場の改修工事により中山競馬場の芝1600mで施行、1972年は流行性の馬インフルエンザの影響により1ヶ月遅れの7月23日に施行した。

1984年からはグレード制施行に伴い最高位のGIに格付けすると共に出走資格を5歳(現4歳)以上に、負担重量を定量に変更、春のマイル最強馬決定戦として位置付けられ同年に新設された秋のマイルチャンピオンシップとマイル最高峰の双璧を成す競走として施行される事になる。

1993年からは国際競走に指定され外国競走馬が出走可能になり、更に1995年からは指定競走に指定、地方所属馬が出走可能になり、1996年からは施行時期を6月に戻したため再び出走資格を4歳(現3歳)以上に変更、2004年からは国際セリ名簿基準作成委員会により国際グレードのGIに格付け、2005年からは香港ジョッキークラブとの提携でアジアマイルチャレンジを構成した。

創設当初はそれほど重要視された重賞競走ではなくハンデキャップ競走として施行されていたが1984年のグレード制施行によりGIに格付けされたことに伴い、日本の春のマイル最強馬決定戦、更には2004年の国際グレードのGIに格付け、2005年のアジアマイルチャレンジを構成したため香港マイルやドバイデューティーフリーと並ぶアジアのマイル最強馬決定戦として定着しつつある。

出走資格はサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬及び本競走に出走登録した外国競走馬。地方所属馬はマイラーズカップ・京王杯スプリングカップ・ニュージーランドトロフィー・高松宮記念・NHKマイルカップのいずれかの競走で1着・2着の入賞馬及び都大路ステークス・葵ステークスの優勝馬のみが優先出走権で出走できる。

負担重量は定量で、3歳は54キロ、4歳以上は58キロ、牝馬は2キロ減である。

総額賞金は(2006年現在で)1億9000万円で1着賞金1億円、2着賞金4000万円、3着賞金2500万円、4着賞金1500万円、5着賞金1000万円と定められている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

テーマ : 中央競馬 - ジャンル : ギャンブル

日本ダービー(東京優駿)のレース情報

日本ダービーは、正式には東京優駿(とうきょうゆうしゅん)という。
東京競馬場の芝2400mで行われる中央競馬の重賞競走(JpnI)。


日本ダービーの歴代優勝馬
回数開催日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師
第1回1932年4月24日ワカタカ牡32:45 2/5函館孫作東原玉造
第2回1933年4月23日カブトヤマ牡32:41 0/5大久保房松
第3回1934年4月22日フレーモア牡32:45 2/5大久保亀治尾形景造
第4回1935年4月29日ガヴアナー牡32:42 1/5井川為男布施季三
第5回1936年4月29日トクマサ牡32:42 1/5伊藤正四郎尾形景造
第6回1937年4月29日ヒサトモ牝32:33 3/5中島時一
第7回1938年5月29日スゲヌマ牡32:33 2/5中村広
第8回1939年5月28日クモハタ牡32:36 1/5阿部正太郎田中和一郎
第9回1940年6月2日イエリユウ牡32:34 2/5末吉清石門虎吉
第10回1941年5月18日セントライト牡32:40 1/5小西喜蔵田中和一郎
第11回1942年5月24日ミナミホマレ牡32:33 0/5佐藤邦雄東原玉造
第12回1943年6月6日クリフジ牝32:31 4/5前田長吉尾形景造
第13回1944年6月18日カイソウ牡32:39 1/5橋本輝雄久保田金造
第14回1947年6月8日マツミドリ牡32:35 0/5田中康三茂木為二郎
第15回1948年6月6日ミハルオー牡32:33 2/5新屋幸吉上村大治郎
第16回1949年6月5日タチカゼ牡32:33 4/5近藤武夫伊藤勝吉
第17回1950年6月11日クモノハナ牡32:44 2/5橋本輝雄鈴木勝太郎
第18回1951年6月3日トキノミノル牡32:31 1/5岩下密政田中和一郎
第19回1952年5月25日クリノハナ牡32:31 4/5八木沢勝美尾形藤吉
第20回1953年5月24日ボストニアン牡32:34 3/5蛯名武五郎増本勇
第21回1954年5月23日ゴールデンウエーブ牡32:34 4/5岩下密政藤本冨良
第22回1955年5月29日オートキツ牡32:36 3/5二本柳俊夫大久保房松
第23回1956年6月3日ハクチカラ牡32:36 1/5保田隆芳尾形藤吉
第24回1957年5月26日ヒカルメイジ牡32:31 0/5蛯名武五郎藤本冨良
第25回1958年5月25日ダイゴホマレ牡32:31 1/5伊藤竹男久保田金造
第26回1959年5月24日コマツヒカリ牡32:38 1/5古山良司大久保房松
第27回1960年5月29日コダマ牡32:30.7栗田勝武田文吾
第28回1961年5月28日ハクシヨウ牡32:30.2保田隆芳尾形藤吉
第29回1962年5月27日フエアーウイン牡32:31.2高橋英夫松山吉三郎
第30回1963年5月26日メイズイ牡32:28.7森安重勝尾形藤吉
第31回1964年5月31日シンザン牡32:28.8栗田勝武田文吾
第32回1965年5月30日キーストン牡32:37.5山本正司松田由太郎
第33回1966年5月29日テイトオー牡32:31.1清水久雄増本勇
第34回1967年5月14日アサデンコウ牡32:30.9増沢末夫藤本冨良
第35回1968年7月7日タニノハローモア牡32:31.1宮本悳戸山為夫
第36回1969年5月25日ダイシンボルガード牡32:35.1大崎昭一柴田寛
第37回1970年5月24日タニノムーティエ牡32:30.0安田伊佐夫島崎宏
第38回1971年6月13日ヒカルイマイ牡32:31.6田島良保谷八郎
第39回1972年7月9日ロングエース牡32:28.6武邦彦松田由太郎
第40回1973年5月27日タケホープ牡32:27.8嶋田功稲葉幸夫
第41回1974年5月26日コーネルランサー牡32:27.4中島啓之勝又忠
第42回1975年5月25日カブラヤオー牡32:28.0菅原泰夫茂木為二郎
第43回1976年5月30日クライムカイザー牡32:27.6加賀武見佐藤嘉秋
第44回1977年5月29日ラッキールーラ牡32:28.7伊藤正徳尾形藤吉
第45回1978年5月28日サクラショウリ牡32:27.8小島太久保田彦之
第46回1979年5月27日カツラノハイセイコ牡32:27.3松本善登庄野穂積
第47回1980年5月25日オペックホース牡32:27.8郷原洋行佐藤勇
第48回1981年5月31日カツトップエース牡32:28.5大崎昭一菊池一雄
第49回1982年5月30日バンブーアトラス牡32:26.5岩元市三布施正
第50回1983年5月29日ミスターシービー牡32:29.5吉永正人松山康久
第51回1984年5月27日シンボリルドルフ牡32:29.3岡部幸雄野平祐二
第52回1985年5月26日シリウスシンボリ牡32:31.0加藤和宏二本柳俊夫
第53回1986年5月25日ダイナガリバー牡32:28.9増沢末夫松山吉三郎
第54回1987年5月31日メリーナイス牡32:27.8根本康広橋本輝雄
第55回1988年5月29日サクラチヨノオー牡32:26.3小島太境勝太郎
第56回1989年5月28日ウィナーズサークル牡32:28.8郷原洋行松山康久
第57回1990年5月27日アイネスフウジン牡32:25.3中野栄治加藤修甫
第58回1991年5月26日トウカイテイオー牡32:25.9安田隆行松元省一
第59回1992年5月31日ミホノブルボン牡32:27.8小島貞博戸山為夫
第60回1993年5月30日ウイニングチケット牡32:25.5柴田政人伊藤雄二
第61回1994年5月29日ナリタブライアン牡32:25.7南井克巳大久保正陽
第62回1995年5月28日タヤスツヨシ牡32:27.3小島貞博鶴留明雄
第63回1996年6月2日フサイチコンコルド牡32:26.1藤田伸二小林稔
第64回1997年6月1日サニーブライアン牡32:25.9大西直宏中尾銑治
第65回1998年6月7日スペシャルウィーク牡32:25.8武豊白井寿昭
第66回1999年6月6日アドマイヤベガ牡32:25.3武豊橋田満
第67回2000年5月28日アグネスフライト牡32:26.2河内洋長浜博之
第68回2001年5月27日ジャングルポケット牡32:27.0角田晃一渡辺栄
第69回2002年5月26日タニノギムレット牡32:26.2武豊松田国英
第70回2003年6月1日ネオユニヴァース牡32:28.5M.デムーロ瀬戸口勉
第71回2004年5月30日キングカメハメハ牡32:23.3安藤勝己松田国英
第72回2005年5月29日ディープインパクト牡32:23.3武豊池江泰郎
第73回2006年5月28日メイショウサムソン牡32:27.9石橋守瀬戸口勉
第74回2007年5月27日ウオッカ牝32:24.5四位洋文角居勝彦




日本ダービーのRSS関連リンク
日本ダービー前夜
さて、明日はなんといっても日本ダービー♪ やはり天下の大レースo(^-^)o ダービーといって連想する曲といえば… そう、走れコウタローでしょう♪ 当たるかどうかはわからないですが、ダービー前夜を楽しみたいものですね(*^-^b ...

日本ダービー
明日は日本ダービーということで書かずにはいられなかったんで漫喫にて書いてます。 その前に先週のオークスの回顧から。。。 いや??ホント予想のセンスゼロですねわざわざ酷評書いた馬が来ちゃうなんて。。。 でもなんとも後味の悪いレースでしたね。 ...

日本ダービー(G1)
ああ、何で日本ダービーの日に仕事やねんおっっっつ、チョイ愚痴った・・・今回は、というか、今現在眠いので解説も何もありゃしません。。。とにかく、ボックスで買う予定です。馬券はどうでもいいけど、生涯一度の日本ダービー、良馬場でやらせたい ...

あすは、日本ダービーです>
あすは、日本ダービーです>>. 東京10レース 2400M 芝左. わたしは、ことし、G1回だけ あたったの>牝馬は、わかんない? あすは、ブラックシェル 武さんだのみ>もーわかんない??宝くじみたい?? でも、武さんしんじて、3位以内に、はいって ...

騎手買い競馬 日本ダービー(G1)レース情報
騎手買い競馬の古園さんから、6月1日 東京10R 日本ダービー(G1)のレース情報をいただきましたので内容をよくチェックしておきましょう。 『騎手買い競馬』 を購入すると、このようなレース情報が毎週配信されますので、ぜひ参考にしてください。 ...

スマイルジャック 日本ダービー(2008年)【血統フェスティバル】予想
日本ダービー出馬表 左は【日本ダービー】東京芝2400mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1~3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【日本ダービー】の予想を書かせていただきます。 ...

日本ダービー 最終予想
さて金鯱賞も外れ、いよいよ明日は日本ダービーです。 お天気というか馬場状態がやや心配ですが、あまり気にしすぎると余計わからなくなるので気にせず予想してみます。 過去の傾向はこちらから→データ① データ②. ここ6年で皐月賞から直行した馬は ...

日本ダービー予想
日本ダービー(GⅠ)予想. 1①ディープスカイ. ②サクセスブロッケン. 2③ブラックシェル. ④タケミカヅチ. 3⑤アグネススターチ. ⑥モンテクリスエス. 4⑦スマイルジャック. ⑧アドマイヤコマンド. 5⑨マイネルチャールズ. ⑩レインボーペガサス ...

さあ、競馬の祭典、日本ダービー
沐浴をして、ストレッチ、合気道で五体を結び……日本ダービーです、いきましょう! まず、完全にバカにされた馬がいる。 ⑯メイショウクオリアは、2連勝してここに出てきた馬だぞ! ムーニーバレーはスローだったけど、上がり4ハロンはすべて11秒台。 ...

日本ダービー
日本ダービーです!! ここのところの惨敗続きで、家族もあきれ果て・・・・(汗) 私も、全く当たる気がしなくなっている今日この頃・・・・ しかし!! ダービーぐらい予想をしなきゃダメでしょう!!(大汗) って言うことで、当たらない予想ですが・・・ ...



日本ダービーのレース概要

1929年(昭和4年)以前に東京競馬倶楽部会長の安田伊左衛門が競走馬生産者たちから「イギリスのクラシック競走であるダービーステークスのような高額賞金の大競走を設けて馬産の奨励をしてほしい」という意見を真摯に受け止め、馬産の衰退を食い止める手段としてイギリスのエプソム競馬場のダービーステークスを範した。

1. 4歳(現3歳)牡馬・牝馬の最高の能力試験であること。
2. 競走距離が2400m、又は2400mに限り無く近いこと。
3. (開催国で催される競馬の)最高の賞金額を設定すること。
4. 2歳(現1歳)秋から4回の出走登録を出走資格の条件とすること。
5. 負担重量は馬齢重量とすること。
6. 施行時期は原則的に春季とすること。
7. 以上1から6を満たす競走は国内において本競走のみとすること。

という7大原則のもと、1932年(昭和7年)に4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の定量の重賞競走東京優駿大競走として創設することを1930年(昭和5年)4月24日に発表、初回登録が同年10月に行われた(牡92頭、牝76頭、計168頭)。第1回は目黒競馬場(旧・東京競馬場)の芝2400mで施行された。

1934年(昭和9年)からは目黒競馬場の廃止により東京競馬場に施行場を変更。これ以後「東京競馬場2400m」の条件は現在まで1度も変更されていない。

1938年(昭和13年)からは前年の帝国競馬協会解散に伴う日本競馬会への移管により名称を東京優駿競走に変更、また日本競馬会による「4歳(現3歳)5大競走」の形成に伴い同年に新設された京都農林省賞典4歳呼馬・阪神優駿牝馬、1939年(昭和14年)に新設された横濱農林省賞典4歳呼馬・中山4歳牝馬特別とともに日本のクラシック競走を確立するとともに、イギリスのクラシック三冠競走を範して、4歳(現3歳)のクラシック三冠競走も形成、クラシック三冠競走の第2戦として位置付けられ、また4歳(現3歳)の競走馬及び日本中のホースマンの憧れ及び目標となり、競馬ファンからは「競馬の祭典」とも言われる大競走として位置付けられた。また、戦前は阪神優駿牝馬が秋の開催であったため牝馬の出走も多かった。

1944年(昭和19年)は太平洋戦争(戦時中)の影響で勝馬投票券の販売なしの競馬開催の中、能力検定競走として施行、1945年(昭和20年)・1946年(昭和21年)は太平洋戦争および終戦におけるアメリカ進駐軍の競馬場の占領により開催中止、1947年(昭和22年)からは前年の10月17日からの国営競馬再開に伴い、他のクラシック競走(桜花賞・農林省賞典・優駿牝馬・農林省賞典4歳馬)と天皇賞(春・秋)とともに再開された。

1948年(昭和23年)からは名称を優駿競走に変更、1949年(昭和24年)からは日本競馬会の運営が独占禁止法に触れるとの声から、日本競馬会の解散及び国営競馬へ移管した。

1950年(昭和25年)からは名称を現在の「東京優駿」に変更、また「日本ダービー」という副称も付けられ、正式名称を超える競馬の代名詞ともいえる認知度に至った。

1953年(昭和28年)は本競走で初のNHKによるテレビ中継を行った。

1968年(昭和43年)は東京競馬場のスタンド改築工事による順延開催で7月7日に、また1972年(昭和47年)もストライキや流行性の馬インフルエンザの影響で7月9日に順延開催し、両年の本競走は7月に施行されたことから「七夕ダービー」と呼ばれた。

1974年(昭和49年)からは競馬関係者による不祥事などから枠順抽選がマスコミに公開されるようになり、1984年(昭和59年)からはグレード制施行により最高位のGIに格付けされる。1993年(平成5年)には徳仁親王と小和田雅子の御結婚を祝い皇太子殿下御成婚奉祝の副称が付けられ、1995年(平成7年)からは指定競走となり、地方競馬所属の競走馬も出走可能になった。

1995年(平成7年)までは5月最終週の日曜日の開催だったが1996年(平成8年)に高松宮杯(現・高松宮記念)がGIに格付けされ開催時期が優駿牝馬(オークス)の前週に繰り上げられたことに伴い、6月第1日曜に開催日を変更(それに伴って優駿牝馬(オークス)が5月最終日曜に繰り下げ)した。しかし、2000年(平成12年)に高松宮記念の開催が3月最終日曜に再度繰り上げられたため、本競走の開催は元の5月最終週の日曜日に戻った。ただし、2003年(平成15年)からは、6月1日が日曜日の場合に限り、5月最終日曜ではなく6月1日に開催されることになった。これまで、12月27日までに開催されていた有馬記念が、28日に開催されることになり、全体の日程が繰り下がったためである。

2001年(平成13年)からは外国産馬の活躍による出走資格の見直しの一環により総収得賞金額上位2頭の外国産馬が出走可能になり、2005年(平成17年)からは青葉賞での優先出走権の取得を設けたことにより上位4頭に拡大され、2006年(平成18年)はさらに上位5頭までに拡大された。これによりクロフネやシンボリクリスエスといった後に日本を代表する外国産馬も出走したが2007年(平成19年)までにまだ外国産馬から優勝馬は出ておらず、2002年(平成14年)にシンボリクリスエスが2着に入ったのが最高成績である。

中央競馬が誇る八大競走の1競走で皐月賞・菊花賞とで中央競馬の牡馬クラシック三冠競走を構成し、牡馬のクラシック三冠競走として皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われ、東京優駿は「最も幸運な馬が勝つ」という謳い文句がある。更には桜花賞・皐月賞のどちらかとNHKマイルカップを合わせて変則三冠競走と呼ばれることもある。

事実上日本の3歳(旧4歳)の最強馬決定戦であり、日本の全てのホースマンが憧れる最高の舞台である。騎手にとってはこの東京優駿を制すと晴れてダービージョッキーの仲間入りを果たすことが出来る。

出走資格はサラ系3 歳(旧4歳)のJRA所属の牡馬・牝馬の競走馬(総収得金額上位3頭又は青葉賞で優先出走権を得た外国産馬)及び優先出走権を得た地方所属の牡馬・牝馬の競走馬(最大8頭まで)、出走枠は18頭まで。ただし東京優駿優先出走権取得馬(最大9頭)が優先で出走でき、残りの枠(最低9枠)は収得賞金の金額上位馬が出走できるが同額の馬が複数いる場合は抽選で出走馬が決まる。

負担重量は定量で牡馬は57キロ、牝馬は55キロである。

2006年(平成18年)において総額賞金は2億8600万円で1着賞金1億5000万円、2着賞金6000万円、3着賞金3800万円、4着賞金2300万円、5着賞金1500万円と定められている。1973年(昭和48年)までは日本ダービーが日本競馬での最高賞金額であったが、現在はジャパンカップ(1着賞金2億5000万円)、有馬記念(1着賞金1億8000万円)に次いで3番目に高い賞金額となっている。

現在の優勝レイの配色は赤色地に金色文字となっている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。